【完全版】iFOREXとXMの評判と特徴を徹底比較

iFOREXとXM、どちらも海外FX業者の中では長い運用歴のある会社。

この記事では他のサイトでオススメのFX業者として紹介されるこの2社について、徹底比較していきます。

「iFOREXとXM、どちらが良いのか知りたい。」

と考えている方は必見の記事です。

それぞれの会社の特徴がわかったところで、iFOREXとXMの比較を表にまとめましたので、見てみてください。

iFOREXとXMのスペックを表で比較

iFOREX XM
運営会社 Formula Investment House Ltd Tradexfin Limited
設立 1996年 2009年
ライセンス 英国領ヴァージン セーシェル
顧客資金の管理 分別管理だが信託保全なし 「Barclays bank」で分別管理
FX通貨ペア 63 57
CFD取引ペア 600以上 46
最大レバレッジ 400倍 888倍
マージンコール 25% 50%
ロスカット水準 0% 20%
ゼロカット
約定スピード(平均) 非公開 0.336秒
最小/最大ロット数 0.01/1000Lot 0.01/100Lot
取引プラットフォーム FXnet Viewerr MT4/MT5
ボーナス 入金額100%ボーナスなど 入金額100%ボーナスなど

iFOREXは約定についてや、平均スプレッドなどに関しては非公開にしているため具体的な数字はわかりませんでした。

特にネット上にiFOREXの約定やスプレッドへの批判などは見つからず、筆者の経験上でもiFOREXで取引して困ったことはありません。

しかし、公表していない点はマイナスポイントですよね。

iFOREXとXMそれぞれどんなFX業者かを個別で紹介していきます。まずはiFOREXからです。

iFOREXとはどんなFX業者?

iFOREXは1996年創業、20年以上の運用歴のあるFX業者です。

おそらく最も運用歴の長い海外FX業者。

iFOREXは評判がすごく良いです。

私自身も数々のFX業者を使ってみて、iFOREXは使いやすくスペックも優秀だなと感じています。

iFOREXのオススメの使い方はスキャルピングです。

後に詳しく説明しますが、

  • スプレッドが狭い
  • 入金額100%ボーナスがある
  • ロスカットの危険性がない

という点はXMを含む多くの海外FX業者にはない、iFOREXにしかできないことですね。

一方XMはどんなFX業者なのでしょうか。

XMとはどんなFX業者?

XMはなんといっても知名度があります。

おそらく海外FX の中でユーザー数がナンバーワンで、紹介している人も多いですね。

XMがオススメな方は、安心できるFX業者を選びたい方。

2009年創業とiFOREXには見劣りしますが、かなりの老舗で多くの人に選ばれていることもXMが選ばれる理由の1つでしょう。

ただユーザー数が多い故、悪い噂とアンチが多いことも事実ですね。

まとめるとiFOREXは短期トレーダーが向け、XMは最大手のFX業者を使いたい方向けです。

次から詳しく項目別に比較していきます。

iFOREXとXMを徹底比較

比較項目は6つです。

  • 信頼性
  • ボーナス
  • 最大レバレッジ
  • スプレッド
  • 出金について
  • 取引通貨数

まずは信頼性について比較していきます。

iFOREXとXMの信頼性を徹底比較

iFOREXは1996年創業と海外FX業者の中で1番歴史のあるFX業者で、一方XMは海外FX業者の中で、1番ユーザー数の多い会社と紹介しましたね。

加えてどちらも金融ライセンスを取得していて、運用歴も長く人気のFX業者ですが、信頼性に関して言えばiFOREXの方が上なのではないかと思います。

XMは確かに人気ナンバーワンFX会社ですが、Twitterを見てみると評判があまり良くないように思われます。

出金拒否のことを言及している方が、本当に出金拒否されたかはわかりませんが悪い噂があるのは事実ですね。

またXMのカスタマーサービスは正直海外FX業者の中でもひどいです

ユーザー数が多く毎日たくさんの問い合わせが来ていることもわかりますが、丁寧だとは言えませんでした。(今は使っていないので、改善されているかもしれませんが…)

XMに比べてiFOREXは問い合わせも丁寧ですし、電話での対応も可能という点も好材料です。

平日なら問い合わせの回答が必ず24時間以内に届きます。

ただiFOREXの信頼性に影がないかと言われれば、そんなことはなく、iFOREXは平均スプレッドや約定について公開していない点はデメリットでしょう。

信頼性は判断が難しいですが、噂も踏まえるとiFOREXの方がオススメです。

続いてボーナスについて。

入金額が大きく変わることもあるボーナス、詳しく比較していきます。

iFOREXとXMのボーナスを徹底比較

iFOREX、XMどちらも入金額100%ボーナスがあります。

これは入金した金額の100%、つまり入金額が2倍となって証拠金に加算されるわけです。

海外FX業者の最大の魅力と言っても過言ではない豪華なボーナスですが、ボーナスはXMの方が優勢。

詳しく理由を見ていきましょう。

XMは入金額100%ボーナスの上限が500米ドルまで

iFOREXもXMも入金額100%ボーナスはあるものの、XMの上限は500米ドル(5.5万円ほど)。

以降230万円ほどまで入金に対し、20%のボーナス付与になります。

わかりにくいので表にまとめると以下の通り。

入金額 適用ボーナス額 合計証拠金
500円 500円×100% 1000円
5万円 5万円×100%=5万円 10万円
50万円 5万円×100%+45万円×20%=14万円 64万円
100万円 5万円×100%+95万円×20%=24万円 124万円
230万円 5万円×100%+225万円×20%=50万円 280万円
330万円 5万円×100%+225万円×20%=50万円 380万円

一方iFOREXはどうでしょう?

iFOREXは入金額100%ボーナスの上限が500米ドルまでだが…

対してiFOREXは、上限は約11万円まで100%ボーナスと上限XMより優秀。

ですが、それ以降はどれだけ入金しても11万円ほどしか増えません。

初回入金が10万円ほどの方はiFOREXの方がボーナスの額が大きくなりますが、多くの方がXMのボーナスの方がメリットがあるでしょう。

ボーナスに関してはXMの勝ちと言えます。

iFOREXとXMの最大レバレッジとロスカット水準

iFOREXの最大レバレッジは400倍、XMの最大レバレッジは888倍と単純な数字での比較ではXMの方が優勢です。

しかし実際に800倍なんてトレードをする人はいませんので、大事なのは最大レバレッジだけでなくロスカット水準も含まれてきます。

(ロスカットになるかならないかは、最大レバレッジによるロスカット水準によって決められるため。)

XMのロスカット水準は20%。多くのFX業者が50%や100%と高い水準を設定している中で、20%はスキャルピングトレーダーにとっては利益を出しやすい環境と言えます。

加えて最大レバレッジ888倍なので、なかなかロスカットになる危険性はないと思われますがiFOREXの方がロスカットに関しては強力です。

なぜならiFOREXはロスカット水準0%。

ロスカットになる可能性はゼロで、追証になってしまってもゼロカットがあるのでリスクは低いですね。

最大レバレッジではXMですが、ロスカット水準ではiFOREXの方が優秀です。

またアイフォ戦士なんて言葉があるように、レバレッジを効かせたスキャルピングにiFOREXは向いていますから、レバレッジを活かしたいと思うならiFOREXがオススメ。

次はそんなスキャルピングでレバレッジを掛けたい方が注意知っておいた方が良いスプレッドについて比較していきます。

iFOREXとXMのスプレッド比較

iFOREXは平均スプレッドが非公開で、最小スプレッドしか公表していません。

一方XMは平均スプレッドを公表していますが、かなり広いスプレッドになっています。

XMのデメリットとよく挙げられるのがスプレッドで、AXIORYという有名なFX業者の平均スプレッドとXMの平均スプレッドを比較したものがこちら。

AXIORY XM
ドル円
USDJPY
1.3 1.6
ユーロ円
EURJPY
1.4 2.5
ポンド円
GBPJPY
1.8 3.9
豪ドル円
AUDJPY
1.8 3.3
ユーロドル
EURUSD
1.2 1.7
ポンドドル
GBPUSD
1.6 2.4
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.8 1.9

XMが提供しているスプレッドの広さがわかりますね。

一方iFOREXは公表こそしていませんが、個人的なトレード経験でもTwitterなどの評判を見てもスプレッドは好評。

なぜ平均スプレッドを公表しないのかはわかりませんが、スプレッドの面ではiFOREXが圧勝です。

iFOREXはスキャルピングトレーダーなどの短期でレバレッジの効いたトレードをしたい方には打って付けのFX業者と言えます。

ここまでボーナス以外iFOREXの勝ちですが、iFOREXの最大のデメリットである出金についても話さなければなりません。

iFOREXとXMの出金についての比較

iFOREXのデメリットは確実に出金の手間と、手数料です。

出金のために必要なものが、

  • 本人確認書類
  • 現在の居住地が確認できる書類
  • 入金時に利用したクレジットカードのコピー

この3点、ほかのFX業者では提出しなくてもいいクレジットカードのコピーが必要になります。

これをコピーして郵送する手間が不評です。

加えて出金の手数料も、国内銀行に出金する場合は他社よりも高くなる傾向にあります。

出金に関してはなんとかしてほしいですね。

一方XMは出金の手数料は銀行によって異なりますが、iFOREXより低い手数料であることは間違いないです。

XMは出金の手間もあまりかかりません。

出金に関してはXMの方が優れています。

iFOREXは出金をこまめに行いたい人や、手数料をかけたくない人にはオススメできません。

最後は取引通貨を比較していきます。

iFOREXとXMの取引通貨を比較

iFOREXの取引通貨数は海外FX業者で最多の600以上。FX取引に限れば63通貨ペアですが、原油などのCFD商品が多いです。

XMの取引通貨数は57とiFOREXには見劣りしますが、

・為替取引しかしない
・メジャー通貨しか取引しない

という方にとってはXMでも問題ありません。

しかし、マイナー通貨の取引や株式や指数、仮想通貨なども興味がある方にはiFOREX一択です。

取引通貨に関してはiFOREXに勝るFX業者はありません。

FXも株式も仮想通貨もiFOREXなら同じプラットフォームで取引することができる点も、iFOREXが選ばれる理由の1つ。

いちいち面倒な手続きなんてしたくないですからね。

ちなみにiFOREXのボーナスはFXだけでなく、CFD商品の取引にも利用可能です。

【まとめ】比較してみた結果、iFOREXの方がXMよりオススメ

iFOREXとXM、どちらもユーザー数が多く運用歴の長いFX業者として比較されることの多いFX業者ですが、オススメはiFOREXです。

iFOREXがXMに負けている点は、出金の手間とボーナスのみ。

上記には記載しませんでしたが、プラットフォームもiFOREXはオリジナルのものを採用しているので使いやすいです。

加えて、
・評判の良さ
・信頼性
・スプレッド
・取引通貨数

などiFOREXの方が優れていると感じることが比較してみて多かったですね。

↓↓iFOREXで口座開設↓↓

iFOREXの評判が気になる方は、「iFOREXの評判まとめ」の記事をごらんください。