iFOREXは両建ては許可されていないがバレない方法はある

「両建てはiFOREXでできるの?」
「iFOREXの両建てについて知りたい。」

などiFOREXの両建てについて知りたい方のための記事になります。

結論を言うと、iFOREXでの両建ては可能。

ですが正式には許可されていないのが事実です。

実際にiFOREXに問い合わせてみたところ、他社との両建てや自動売買は許可されていないとの回答を頂きました。

正式には両建てトレードは認められていませんが、実際には両建ては可能です。

実際TwitterにもiFOREXで両建てを行っている様子を見ることができました。

iFOREX(アイフォ)で両建てはできるようですね。

↓↓iFOREXで口座開設↓↓

これにはわかりやすい理由があります。

それは、iFOREXは独自のプラットフォームを採用しているためMT4のトレードは把握することができないため。

私の意見としては出金拒否の可能性が少しでもあるなら避けるべきであるという考えです。

ただiFOREXで両建てトレードをしている人がいるのも事実で、出金拒否の話を聞いたことはありません。

リスクを考慮しても両建てを行いたい方だけ以下も読んでみてください。

iFOREXに両建て禁止の条項がある

iFOREXには取引規約についてまとめられたページがあります。

→iFOREXの取引規約

長くて全てを読んだわけではありませんが、iFOREX側が両建てトレードは許していないとのことでありました。

ただどのFX業者も同じような対応で、両建てはグレーゾーン。

AXIORYなら両建ても可能ですので、iFOREXにこだわりがない方はAXIORYの両建てについての記事をご覧ください。

ただiFOREXで両建てを行う強みは、独自のプラットフォームを採用している点。

プラットフォームは変えた方が出金拒否のリスクは下がりますから、iFOREXのような独自プラットフォームを持っているFX業者は貴重です。

次からプラットフォームについてのメリットを見ていきましょう。

iFOREXのプラットフォームは両建てにオススメ

MT4をメインのプラットフォームとして使っている海外FX業者は多いです。

MT4を使っているFX業者の例を挙げると、XMやGEMFOREXですね。

このXMとGEMFOREXで両建てしてると、おそらくバレます。どちらも取引規約に両建ての記載はないものの、禁止取引と判断されてしまえば出金拒否も避けられないでしょう。

一方独自プラットフォームを採用しているのが、iFOREXAXIORY

MT4と関係が全くないので、AXIORYとiFOREXで両建てしてしまえば絶対にばれませんね。

iFOREXで両建てをしている人が多い理由に、この独自プラットフォームの存在があります。

ただiFOREXの口座だけでは両建てトレードをすることはできませんので、注意が必要です。

iFOREXの口座だけでは両建てできない【複数アカウント禁止】

iFOREXでは1人で複数口座を開設することができません。

iFOREX以外の他社口座を1つ作り、2つのFX業者で両方の方向にポジションを持つことで両建てになります。

他社との両建てであればiFOREXが把握することは不可能ですから。

オススメはAXIORYとの両建てです。

(何度も言いますが、他社との両建ても禁止されているので出金拒否になっても文句は言えません。)

複数口座に関してはこちらをご覧ください。

海外FXで両建てするならiFOREXよりAXIORY

関連記事

iFOREXは、最大レバレッジ400倍や取引銘柄の種類の豊富さ、ロスカット水準0%などと魅力の多いFX会社です。 ただ、そんな魅力の中でも忘れてはいけないのがiFOREXのスプレッド。 iFOREXでは、海外FXの中では珍しくD[…]

iFOREXのスプレッドは狭い

両建てで利益を出す、損失をなるべく減らすにはスプレッドが狭いFX業者で取引すべきです。

海外FXでスプレッドが狭いのがAXIORYが1番、次にiFOREXでしょう。

どちらもボーナスはあまり豪華ではありませんが、スプレッドの狭さとトラブルの少なさで人気を得ています。

できるだけ狭いスプレッドで両建ては行いたいところですから、ここではスプレッドの比較を見ていきましょう。

比較するのはそれぞれの低スプレッド口座。

多くのFX業者には低スプレッド口座という、スプレッドの狭い口座があります。

※カッコ内は取引手数料を含まないスプレッド。iFOREXの低スプレッド口座には取引手数料がありません。

AXIORY iFOREX XM TitanFX
ドル円
(USD/JPY)
0.9
(0.3)
0.9 1.1
(0.1)
1.0
(0.3)
ユーロ円
(EUR/JPY)
0.8
(0.2)
1.2 1.4
(0.4)
0.9
(0.2)
ポンド円
(GBP/JPY)
1.4
(0.8)
2.0 2.2
(1.2)
2.2
(1.5)
豪ドル円
(AUD/JPY)
1.0
(0.4)
1.5 2.2
(1.2)
1.8
(1.1)
ユーロドル
(EUR/USD)
0.8
(0.2)
0.9 1.1
(0.1)
0.9
(0.2)
ポンドドル
(GBP/USD)
1.0
(0.4)
1.2 1.3
(0.3)
1.3
(0.6)
豪ドル米ドル
(AUD/USD)
1.1
(0.5)
1.0 1.4
(0.4)
1.2
(0.5)

主要通貨のみをまとめましたがAXIORYとiFOREXのスプレッドが他社に比べて狭いことがわかりますね。

AXIORYはECN方式という自動的に注文が取引市場に通る方法を採用しています。

直接取引市場に注文が流れるため取引手数料が必要ですが、スプレッドは極端に狭くすることが可能になります。

このECN方式がAXIORYの低スプレッドを生み出しているわけです。

一方iFOREXはDD方式という仕組みを採用。

顧客の注文を市場に流さないことで、スプレッドを狭くすることを可能にしています。

どちらもMT4では実行することができない方式です。

この特殊なプラットフォームを利用しているところは有効的に使いたいですね。

AXIORYのスプレッドに関して気になる方はこちらをご覧ください。

この記事の最後にiFOREXで両建てする際の注意点について紹介していきます。

iFOREXで両建てする際の注意点

iFOREXで両建ては可能ですが、初めて両建てを行う方は知っておきたいことがいくつかあります。

詐欺的な商材のせいで、両建てトレード=不労収入という考えを持っている人も増えていますが両建てトレードで利益を出すことは極めて難しいことですから注意点は知って起きて損はありません。

それでは見ていきましょう。

証拠金維持率0%はさすがに危険

関連記事

「iFOREXのロスカット水準は何%ですか?」 iFOREXの強制ロスカットは、証拠金維持率0%で施行されます。(マージンコールは0.25%) つまり、含み損が必要証拠金を上回るまでポジションを持てるという事。 iFO[…]

iFOREXのロスカット水準
関連記事

FXを始める上で確認しなければならないゼロカット。iFOREXにももちろんゼロカットはあります。 iFOREXのようなゼロカットを採用しているFX業者であれば追証や借金になることはありません。 いいですか? ゼロカットというの[…]

iFOREXのゼロカットについて

多くのFX業者にはロスカットという、損失が膨らみすぎると勝手に決済してくれる仕組みがあります。

だいたい証拠金維持率の20%〜100%の基準で自動的にロスカットが執行されます。

しかし、iFOREXにはロスカットが存在しません。

iFOREXのロスカット基準は証拠金維持率の0%。

つまりゼロカットと変わりません。

ロスカットがないメリットとしては、今後利益が出る可能性をなくすことが挙げられます。

両建てでトレードする場合はできるだけロスカットを避けたいところなのです。

だから証拠金維持率0%は最高であるとも言えますが、さすがに両建てを初めて行う方は注意が必要でしょう。

両建ては売りと買い同じ数量を同じ価格の際に注文するため、スプレッドとスワップポイントを考慮しなければ、損失も利益も出ません。

ただロスカットされてしまえば、多大な損失を受けます。

iFOREXで両建てトレードする場合、放置するのは危険と言えます。

1日に1回は確認すべきでしょう。

ただこの確認作業も少し厄介です。

2つのプラットホームを確認する必要がある

iFOREXは1人が複数の口座を開設することができないので違うプラットフォームでの口座が必要となることをお伝えしました。

つまり2つの取引情報を毎日確認する必要があるわけです。(スワップポイントは日々変わるため。)

両建てトレードで節税したい方や、スワップポイントで不労所得的な稼ぎ方がしたい方からすると手間に感じるかもしれませんね。

両建てトレードで利益を出すことはそんなに簡単ではありません。

そんな簡単ではない両建てトレードにもかかわらず、大きな利益を出せるわけではない点も知っておきたい点です。

コスパが悪い

両建てはスワップポイントで利益を出すのがメジャーですが、スワップポイントはマイナスであることが多いです。

両建てトレードのスワップで1日1000円以上の利益を出すには、10億円ほどの資金は必要ですね。

巷では両建てトレードで不労所得を作ろう!などのスローガンが流行りましたが、現実問題資金がないと難しい。

海外FXのメリットであるハイレバレッジで両建てしたら資金は増えたようになりますが、ロスカットやゼロカットのリスクは高まります。

大きな利益を狙うことができない

大きな利益を出すことも厳しいのが両建てトレードの現実です。両建てはスワップポイントの差益で利益を出すわけですが、スワップポイントの数字なんて通常の為替取引に比べると雀の涙。

むしろ損失の可能性もあることを覚えておいてください。

スプレッドを2回払うことになる

FXのトレードでは1つのポジションを持つごとにスプレッドという売値と買値の差額を手数料として払わなければなりません。

もちろん両建ての場合、売りと買いのポジションをどちらも保持することになるので2回分のスプレッドを払う必要があります。

iFOREXの両建てトレードのメリット

売りと買いのポジションを同時にいれる両建てトレード。

両建てトレードのメリットは、トレンドが出た際や価格が急激に変動した際にあります。急激に価格が変化したあとに、利益が出ているポジションを決済して利益を大きく出すことができることです。

両建てはいわゆる勝ち逃げすることができます。急激に利益が上がったポジションを決済し、価格が反発したらもう一方のポジションも決済すれば利益は出せますよね。

トレンドの最中も押し目で含み損のあるポジションを決済。利益が出てきたらもう一方のポジションを決済すれば稼ぐことができます。

iFOREXの両建ては証拠金が必要ない?

Twittrで一時期、iFOREXの両建ては証拠金がいらないという噂が広がりました。

しかしこの話は嘘。当たり前ですがiFOREXでの両建てでも証拠金は必要です。しかし1点他のFX業者と異なる点は証拠金維持率が変わらない点。

iFOREXではロスカット水準が0%ということで、ギリギリまでロスカットになりません。

↓↓iFOREXで口座開設↓↓

iFOREXの両建てまとめ

この記事ではiFOREXの両建てについて紹介してきました。

iFOREXでは両建ては認められていませんが、現実的にはバレることはないというのが事実です。

iFOREXで両建てトレードを行っている方は見られますが、実際に出金拒否の報告はありませんでした。

関連記事

「iFOREXでの出金の方法を教えて欲しい。」 「出金拒否にならない方法を知りたい。」 など、iFOREXの出金や出金拒否について気になる方に向けた記事になっています。 iFOREXでは出金の手間は多少ありますが、出金拒否の噂[…]

iFOREXで出金拒否の噂

しかしリスクは理解しておくべきでしょう。

私はあまりオススメしません。両建てをやるならAXIORYですね。

iFOREXの評判が気になる方は、当サイトの「iFOREXの評判まとめ」の記事をごらんください。