iFOREX(アイフォレックス)の1ロットはいくら?国内FXとの違いと必要証拠金を解説

iFOREXの1ロットは10万通貨。

これは国内FXの1ロット=1万通貨と異なるので、国内FXから海外FXに移行した方は注意が必要です。

また最小ロット、最大ロットは以下の通り。

最大ロット数=50ロット(500万通貨)
最小ロット数=0.01ロット(1,000通貨)

1Lot=10万通貨(1000万円相当)ですので、なんと5億円のトレードが可能になります。

5億円のトレードなんて夢のような話に思えますが、iFOREXの最大レバレッジ400倍を使えばそれほど非現実的なトレードではありませんね。

一方最小ロットは0.01ロット、1000通貨なので10万円相当に当たります。

この記事では、

「iFOREXのロットについて詳しく知りたい。」

「おすすめのロットや取引数量はどのくらい?」

という方に向けてiFOREXのロットについて、どこよりも詳しく紹介してみました!

iFOREXの1ロットあたりの通貨量

iFOREXロット

iFOREXの1ロットあたりの通貨量は「10万通貨」になります。iFOREXに限らず、海外のFX業者が設定している通貨量は1ロットあたり10万円通貨です。

1ロットと聞くと、そこまで大きな金額に感じないかもしれません。しかし実際は相当な金額を扱うことになります。

たとえば、10万通貨を保有している際に10pipsの損失が発生すると、日本円で約1万円の損失になるわけです。相場が荒れて100pipsの損失になると、およそ10万円の損失が発生してしまいます。

1ロットの通貨量は決して少なくないことは、取引する上で認識しておくようにしてください。

1万円で何ロット取引できる?

iFOREXでは1万円分の米ドル円をトレードする場合、取引できるロット数は0.37ロット。

この数字は、iFOREXで設定されている米ドル円の必要証拠金と保有している資金で算出できます。計算式は下記の通り。

保有資金÷必要証拠金=10,000円÷27,000円=0.37ロット

iFOREXでは1万円で最大0.37ロットのトレードを行えますが、この状態だと証拠金維持率が100%になってしまいます。維持率が100%だとすぐにロスカット水準に達してしまう可能性があるので危険です。

証拠金維持率にゆとりをもたせるために、1回あたりのロット数を0.01ロットほどに抑えることをおすすめします。

100万円で何ロット取引できる?

iFOREXでは100万円で「37ロット」の取引が可能です。

こちらの数値も、上記の計算式で算出できます。

保有資金÷必要証拠金=100万円÷27,000円=37ロット

証拠金維持率は500%ほどを目安にゆとりをもたせておきたいので、実際の取引では10ロットほどの保有がベターです。

FXのロットとは?

iFOREXロット

ここまでiFOREXのロットについて解説してきましたが、「そもそもFXのロットって何?」という疑問をお持ちの方もいると思います。この見出しではFXのロットについて確認していきましょう。

ロットとは取引通貨量の単位

ロットとはFXにおける取引通貨量の単位のこと。日常で購入する食品や商品の中で1パック○○個といった形で販売されているものがありますが、これと同様にFXでも1パック(1ロット)あたりの通貨量が決められています。

1ロットあたりの通貨量は国内FXか海外FXかによって変わるのはが一般的です。

実はFXではレバレッジよりもロットが重要

FXについて調べていると、レバレッジというキーワードを目にすると思います。

「レバレッジを高くすると危険。」

という言葉も目にしたことがあるのではないでしょうか。

ただレバレッジを高くすると危険ということは事実でもあり間違いでもあります。

FXの取引量はロットによって決まります。レバレッジではありません。

利益と損失は、ロット数×pipsで決まるためです。そのロット数は証拠金×レバレッジで決まります。

レバレッジの数値に違いがあっても、ロット数が同じ数値であれば実際の利益・損失額に違いはありません。

レバレッジはトレードを行える「てこの原理」のようなものです。

あくまでも運用可能額を増やしてくれるものであり、利益・損失の計算ではそこまで重要でないと認識しておきましょう。

iFOREXの最大ロット・最小ロット

iFOREXロット

各海外FX会社によって、トレードできる最大ロット・最小ロットが設定されています。iFOREXでは最大・最小ロットがいくらで設定されているのか、確認していきましょう。

iFOREXの最大ロット

iFOREXの最大ロットは50ロットです。

通貨量に換算すると500万通貨になります。500万通貨となると、その金額は相当な額になりますよね。

たとえば、米ドル円を50ロット保有しているとしましょう。相場が変動して20pipsプラスとなると「100万円」の利益獲得できるわけです。

10pips程度の変動は相場で日常的に発生するレベル。相場の振れ幅に合わせて上手くトレードを行えば、1日で100万円を稼ぐことができてしまいます。

ただこれぞ海外FXのハイリスクハイリターンです。

最初にも言いましたが、最大でレバレッジ400倍のトレードができるiFOREX。

ハイレバトレードが可能で、ゼロカットもあり証拠金維持率0%までロスカットされないことからギャンブルトレードも向いています。

またiFOREXで50ロットのトレードを行うには「135万円」の証拠金が必要になってきます。

iFOREXと他の海外FX業者の最大ロット数は下記の通りです。

海外FX業者名 最大ロット数
iFOREX 50ロット
XM 50ロット
FBS 500ロット
GEMFOREX 30ロット
TradeView 75ロット
Land-FX 30ロット
AXIORY 1000ロット

iFOREXの最大ロット数は、海外FX業者の中では平均的な数値になりますね。AXIORYに至っては最大ロット数が「1,000ロット」に設定されています。

iFOREXの最小ロット

iFOREXの最小ロットは0.01ロット。通貨量にすると1,000通貨となります。他の海外FX業者の多くも最小ロットは0.01ロットに設定されています。

0.01ロットでの取引はローリスク・ローリターンのトレードとなります。保有資金が1万円~2万円ほどの場合に最適のロット数です。

海外FXを始めて間もない場合は、最小ロットに近い取引高で経験を積んでいくことがおすすめですね。

iFOREXのロットと証拠金

iFOREXロット

iFOREXを利用してトレードを行う際、1ロットあたりどれほどの証拠金が必要になるのか詳細を確認していきましょう。

iFOREXでは1ロット取引にいくらの証拠金が必要?

iFOREXでは最大レバレッジが400倍に設定されています。一部通貨は200倍、50倍、25倍の数値が適用されますが、米ドル円など主要な通貨ペアはレバレッジ400倍です。

400倍のレバレッジで400万円分のポジションを保有する場合、必要証拠金は400万円÷400倍=1万円。

iFOREXでは1ロット=10万通貨となっていますので、1ロットの取引で約10万円分のポジションをもつことになります。したがって、レバレッジ400倍での必要証拠金額は10万円÷400倍=250円です。

iFOREXでは250円の証拠金で10万円分の通貨量を動かすことができます。

1250円だけを口座にいれておけば、証拠金維持率500%の状態で1ロットの取引ができるので、ロスカットのリスクをおさえてトレードすることが可能です。

iFOREXの最大50ロットの取引にはいくら必要?

IFOREXにおいて50ロットは500万通貨になるので、必要証拠金額が500万円÷400倍=1万2500円になります。

iFOREXのレバレッジ400倍が効いて、意外と少ない金額で50ロット分のトレードが行えます。6万円ほど口座にいれてトレードを行えば、証拠金維持率500%の状態でトレードできます。

ロスカットのリスクをさらに抑えるために、10万円ほど口座にいれておけばより安全にトレードを行えますね。

iFOREXで取引する上でのおすすめロット

iFOREXロット

iFOREXで取引する上でおすすめのロット数は保有する資金量によって異なってきます。ここでは保有資金が「1万円」と「10万円」の場合でのおすすめロット数を紹介していきます。

資金が1万円なら0.01〜0.03ロット(1,000〜3,000通貨)

資金が最低入金額の1万円の場合、おすすめロット数は0.01~0.03ロット。

通貨量に換算すると1,000~3,000通貨になりますね。iFOREXは主要通貨ペアのレバレッジが400倍となっているので、1万円を証拠金とすると最大0.37ロットトレードすることが可能。

ただiFOREXで少額資金をトレードするのであればハイレバとゼロカット、証拠金維持率0%までロスカットされないという特徴を全面に活かしたトレードの方がおすすめです。

巷ではアイフォ戦士と呼ばれています。

アイフォ戦士の戦い方を以下の記事にまとめたので、少額トレードでも大きな利益を出したい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

【アイフォ戦士】 TwitterやWebサイトで1度は見かけたことがあるのではないでしょうか? この記事ではアイフォ戦士の由来や秘密について紹介していきます。 iFOREXの評判まとめ!現役アイフォ戦士が語る真実と裏側 アイ[…]

アイフォ戦士とは?その戦い方に迫る

資金が10万円なら0.1〜0.3ロット(1万〜3万通貨)

資金が10万円の場合、おすすめロット数は0.1~0.3ロットです。

通貨量に換算すると1万~3万通貨になります。10万円の資金があれば、最大で3.7ロット分の通貨量でトレードできますが、こちらも証拠金維持率にゆとりをもたせるために0.1~0.3ロットでの取引量に抑えていきます。

ロスカットされて資金がゼロになることは何としても避けなければなりません。保有資金を守るためにも、ゆとりをもったロット数でトレードしていきましょう。

ハイレバ・ゼロカットでギャンブルトレードもあり

iFOREXではロスカット水準が証拠金維持率0%となっています。証拠金がゼロになるギリギリまでトレードを行うことが可能です。この特性を活かすおすすめのトレード手法としてギャンブルトレードが挙げられます。

ギャンブルトレードとはハイレバトレードの1つで、わずかなpips変動で多額の利益獲得を狙っていく手法になります。ギャンブルトレードでは、1回の入金額をすべて投入していきます。

プラスになれば利益獲得、マイナスになればロスカットで資金がゼロになりますが、マイナスの場合は入金額以上の損失を被ることはありません。

たとえば20万円を予算とすると、5万円に分けて計4回のギャンブルトレードを仕掛けていきます。一度に20万円をすべて口座に入金してしまうと、ゼロカットで20万円がすべて無くなってしまう可能性があるので、必ず小分けにして入金してください。

プラスになれば400倍のレバレッジで一気に利益を獲得できます。iFOREXでローリスク・ハイリターンのトレードを実現可能です。

↓↓無料でiFOREX口座開設↓↓

iFOREXのロットに関するよくある質問

iFOREXロット

iFOREXのロットに関する質問について回答していきます。

iFOREXと国内FX業者とのロットは違うのか?

iFOREXと国内FX業者とのロットは異なります。国内FXのロット数は1万通貨の業者が多いです。対して、iFOREXでは1ロットあたり10万通貨となります。

1ロットで1pips動いたらどれくらいの損益になりますか?

1ロットで1pipsの変動すると1000円の損益となります。10ロットで10,000円、100ロットで100,000円の損益です。

CFDの1ロットあたりの1pipの価値はどう計算する?

CFD銘柄の場合は、pipsではなくpointと呼ばれる単位を利用します。1pip=10point換算です。CFD銘柄におけるロットは銘柄ごとにことなります。たとえば、原油であれば1ロット=100バレルです。

1pipの価値は銘柄ごとのロットを確認した上で、それぞれ個別に計算する必要があります。先ほどの原油であれば、1pipあたり1USD、1pointで1USDとなります。

今、自分が何ロット取引できるのか知りたい時の計算方法は?

自分が取引できるロット数は、口座残高÷証拠金で計算可能です。

証拠金は、現在の為替レート×通貨単位÷レバレッジ で算出します。

たとえば、口座に5万円あったとして、米ドル円で何ロットトレードできるか確認したいとします。1ドル110円であるとすると、証拠金は「110×10万通貨÷400=27,500円」です。

よって、取引できる最大ロット数は「50,000円÷27,500円=約1.8ロット」になります。

iFOREXのロットまとめ

iFOREXロット

iFOREXのロットを正確に把握しておくことで、トレードする通貨量やロスカットラインを正確に把握することが可能です。

トレードのリスク管理にも利益予想にも適用できるので今回の記事は、あなたのトレードに役立つものになるはず。

iFOREXの1ロット=10万通貨
最大ロット数=50ロット(500万通貨)
最小ロット数=0.01ロット(1,000通貨)

iFOREXのロット以外も知りたい方は、”iFOREXの評判まとめ!現役アイフォレックス戦士が語る真実と裏側“の記事をご覧ください。

↓↓無料でiFOREX口座開設↓↓

少額資金でもiFOREXの特徴を活かして大きな資金を稼ぐ方法は以下の記事に記載しております。ぜひ見てみてください!