iFOREXは口座解約したいなら早めが吉【維持手数料が15ドル】

iFOREXでの取引を1年以上しないで放置していると、口座維持手数料が発生します

もし、1年以内にiFOREXでの取引を再開するつもりがないのであれば、きちんと退会するのがオススメです。

解約費は無料。iFOREXにメールなどで解約の旨を伝えるだけで解約できるので、是非参考にしてください。

この記事のポイント

  • iFOREXでは口座解約は無料
  • iFOREXでは口座維持手数料がかかる
  • 口座解約前に全額出金すべき

まずはiFOREXを解約前にするべきことについて見ていきましょう。

iFOREXを解約・退会前にやるべきこととは?

iFOREXの口座を解約する前に、確認しておきたいことは3つ。

  • 口座内資金を全額出金
  • 未決済ポジションの決済
  • 指値・逆指値注文のキャンセル

それぞれ紹介していきます。

口座内資金を全額出金

口座に残っている資金は解約するなら先に、全額出金しましょう。

一度退会手続きを済ましてしまうと、口座自体消滅してしまうため、証拠金も同時に消滅してしまいます。

また、何らかのポジションを保有している場合は、出金自体できないので、必ず退会前にポジションの決済も終わらせておきましょぅ。

出金を手間だと思って先伸ばしにしていると、iFOREXでは口座維持手数料がかかりますから、早めに出金すべきです。

bitwalletでの出金方法

ここではおすすめの出金方法である、『bitwallet』の出金方法だけを紹介します。

iFOREXの出金方法について、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ。

bitwalletで出金する場合、マイページの『資金』『資金の出金』を選択してください。

記入欄は銀行口座を入力する画面ですが、以下のように書けはOKです。

bitwalletで出金する場合

  • 銀行名-Bitwallet
  • 振込先名義-お名前
  • 口座番号/IBAN-Bitwalletでご利用のメールアドレス

以上で、bitwalletでの出金は完了します。

次は入金額までなら出金できるクレジットカード・デビットカードでの出金について。

iFOREXでは入金額までならクレジットカード・デビットカードでの出金が可能

iFOREXの入金ではクレジットカードやデビットカードでの入金もできます。入金分をキャンセルする扱いになるので、出金は入金額まで。

出金額が入金額以上になる場合は、bitwalletに出金申請をすれば勝手にクレジットカードでの処理も行ってくれます。

biwalletでの出金額は申請した金額-クレジットカードでの入金額 ということになります。

未決済ポジションの決済

iFOREXではポジションを持ったまま口座解約をしてしまうと、保有中のポジションが決済されてしまいます。

場合によっては含み損が決済され、口座残高が減ってしまう可能性がありますから保有中のポジションはなくすようにしましょう。

マイナスポジションを決済したくない場合は時期をずらすしかありません。ただ、更に含み損が大きくなってしまう可能性もあるので早いうちに決済しておくことをおすすめします。

指値・逆指値注文のキャンセル

iFOREXの口座を解約するには、取引されていない注文を取り消す必要があります。

まだ取引されていない注文なので、キャンセルしても問題ありません。しかし万が一、口座解約の手続き中に注文が通ってしまったら厄介なことになりそうですよね。

一度口座解約をしてしまうと取引画面に進むことはできませんから、まだ取引されていない指値・逆指値注文はキャンセルしましょう。

iFOREXの解約方法

iFOREXの公式サイトを見ても、退会・解約手続きを申請するのページはありません。

そこで、口座解約にはiFOREXの公式サイトにあるサポートセンターに退会(解約)の旨を伝える必要があります

iFOREXの口座解約

  1. iFOREXの会員ページにログイン
  2. 画面を一番下までスクロールして、「お問い合わせ」をクリック。
  3. メール:日本語デスク」の下にあるメールアドレスをクリック。
  4. 本文に「氏名・口座番号・解約の旨」を記入し、メールを送信しましょう。

iForexの解約方法1

手順としては、まずiFOREXの公式サイトに移動します。画面を一番下までスクロールして、お問い合わせ』をクリック。

iForexの解約方法2

『メール:日本語デスク』の下にあるメールアドレスをクリック。

iForexの解約方法3

本文に『氏名・口座番号・解約の旨』を記入し、メールを送信しましょう。

iForexの解約方法4

以上で、解約の手続きは完了。あとは、iFOREX側があなたの解約までの手続きをサポートしてくれます。

ただiFOREXの口座を解約したいと思っても、すぐに口座解約することはオススメしません。

まずは全額出金してから解約すべきです。

iFOREXでは放置したら維持費がかかる【すぐに解約すべき】

iFOREXでは、口座を1年以上放置した場合、口座維持手数料がかかります。

口座維持手数料は1か月につき15ドル。ただし証拠金が15ドル以上残っている方のみ引かれる仕組み。

基本的に口座に15ドル以上残っている方は解約したほうがいいです。

例えば90ドル以上証拠金が残っていた場合、1年放置+6か月で証拠金は0円になってしまうわけ。

15ドル以下であれば放置でも問題はありませんが、口座維持手数料を取られる前に、出金して解約してしまった方がお得ですよね。

iFOREXで口座解約・退会したらどうなる?

iFOREXの口座解約は先ほど説明した方法を実行すれば解約できます。

しかし口座解約後に後悔してしまう方もいるようです。

確定申告用の書類をもらえなくなる

iFOREXでは取引ツールから確定申告用の年間取引明細書を取得することはできません。

年間取引明細書を受け取るにはiFOREXに連絡して郵送してもらう必要があります。

つまりは確定申告が必要な場合に口座解約してしまうと、脱税してしまう危険性があるのです。

年20万円以下の場合は絶対に確定申告しなくても問題ありませんが、過去に20万円以上利益を出していた方は気をつけましょう。

新規口座を一定時間作れない可能性

iFOREXでは1人で複数の口座を開設することはできません。

口座解約後にもう一度iFOREXの口座を作りたいと思っても、FX会社のデータベースに反映されるまで時間がかかるはずですから口座開設を却下される可能性が高いです。

iFOREX以外のFX業者であれば口座開設はできるので、どうしてももう一度FXを始めたくなったら他社の口座で始めましょう。

ツールも使えなくなる

iFOREXはFXnetViewという独自のツールを使っています。

このツールはデザイン性がよくFXを初めて行う方でも使いやすいと評判です。iFOREXのツールを使って、他のFX業者で取引をしようと考えている方は口座解約するとツール事態も使えなくなるので気をつけましょう。

口座解約をせずに全額出金していれば、iFOREXの取引ツールは使うことができます。

iFOREXの口座解約・退会についてよくある質問

口座解約はできる?

できます。手順は当記事をご覧ください。

口座解約は時間かかる?

平日に手続きを行えばその日のうちに解約することができます。手順については当記事をご覧ください。

口座解約はお金がかかる?

iFOREXの口座解約にお金はかかりません。しかし口座の維持にお金がかかるので早いうちに解約した方が良いです。

口座維持手数料はどれくらいかかる?

1ヶ月おきに15ドルの口座維持手数料がかかります。これは口座を使わなくなった1年後から執行されます。

凍結口座は解約できる?

なにかしらの行為によって凍結されている口座は解約できません。

デモ口座は解約できる?

デモ口座の解約についても、リアル口座の解約方法と同じです。当記事を参考にして解約してみてください。

iFOREX以外の海外FX口座解約・退会方法

iFOREXでの口座解約方法はメールで連絡すれば完了です。しかし他のFX業者でも同じではありません。

iFOREX以外の口座も解約を考えているのであれば参考にしてください。

FX業者 解約方法
XM 取引ページのメニューより、『口座解約をする』をクリック。
AXIORY AXIORYのサポートデスクへご登録のメールアドレスより、氏名、口座番号、解約理由を明記し口座解約申請
TitanFX TitanFXのサポートデスクへご登録のメールアドレスより、氏名、口座番号、解約理由を明記し口座解約申請
GEMFOREX メニューにある『お問い合わせ』をクリックし、問い合わせ内容をその他に。内容に口座解約を旨を記載。
FBS 90日以上取引記録がない場合、自動的に解約。
DMMFX DMMFXの問い合わせより解約の旨を伝える。また残高がある場合は解約できません。
YJFX 「口座閉鎖依頼書(兼 特定口座廃止届)」の提出が必須。
GMOクリック証券 コールセンターに問い合わせ後、「口座解約届出書」を送付。

iFOREXの口座解約・退会まとめ

iFOREXの口座解約までの流れをまとめておきます。

まずは、解約前に以下の2点を忘れずに済ましましょう。

  • 口座内資金の出金
  • 保有ポジションの決済

一度解約してしまうと、口座内に残っていた資金は返ってきませんからね。

そして、解約方法は非常に簡単。

カスタマーサポートにて、メールで「氏名・口座番号・解約の旨」を伝えるだけです。

放置は手数料がかかってしまうので、使わない場合は速やかに解約してしまいましょう。